スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このサイトについて

このサイトは「天使禁猟区」及び由貴香織里先生の非公式ファンサイトです。
主に「天使禁猟区」のデータベースを製作しております。
白泉社、花とゆめ編集部及び由貴香織里先生個人とは一切関係はありません。
スポンサーサイト

天使禁猟区とは?

「天使禁猟区」は作者・由貴香織里によって1994年から2000年まで「花とゆめ」(白泉社)にて連載されたマンガです。
花とゆめCOMICSより単行本全20巻、白泉社文庫より文庫版全10巻が発行されています。
またドラマCDやOVAなど、マンガ以外のメディアでも展開されました。

華やかな絵柄とドラマチックなストーリーは多くの読者ひきつけ、連載を終了した今でも根強い人気を誇ります。
また様々な言語に翻訳され、海外にも熱狂的なファンを持ちます。

そして私も「天使禁猟区」を愛するファンの1人です。
このサイトを通して「天禁」の魅力を少しでもご紹介できれば幸いです…。

作品紹介

肉体と精神を裂かれ、この世が果てるまで氷付けにされた堕天使アレクシエル---
かつて天地大戦をアレクシエルとともに戦い、アレクシエルの復活を望む九雷たちは、天界よりアレクシエルの体を奪取することに成功する。
九雷たちはアレクシエルの魂を求め、物質界へ向かう。

無道刹那は実の妹の紗羅に恋愛感情を抱く少年。
ある日刹那は地獄からきたという九雷たちに、自分はアレクシエルの生まれ変わりだと告げられ混乱する。
一方、彼の周りでパソコンゲーム「天使禁猟区」に熱中する学生が次々と怪死する事件が起こる。
そのゲームは天地大戦にアレクシエルによって地下深くに封印されたアレクシエルの双子の弟ロシエルの封印を解くために作られたものであった。
大量の人間の命をいけにえにして、東京大停電引き起こし、ロシエルは復活する。
ロシエル復活を目撃した刹那---数千年のときを超えて二人の運命の歯車が再び回りだす。

作者紹介

作者:由貴香織里
12月18日、東京都生まれ。
いて座、B型。
「夏服のエリー」(別冊花とゆめ 1987年秋の号)でデビュー。
代表作に「天使禁猟区」、「伯爵カインシリーズ」がある。

作者年表

1987年
・「WHEN A HEART BEATS」でビックチャレンジ準入選(花とゆめFRESH増刊10月1日号掲載)
・「夏服のエリー」でデビュー(別冊花とゆめ秋の号掲載)

1988年
・「時計じかけのオレンジ爆弾」(別冊花とゆめ秋の号掲載)
・「デビル・インサイド」(花とゆめFRESH増刊10月1日号掲載)

1989年
・「TOKYO TOP」(花とゆめ1号掲載)

1990年
・「マジカル・ミステリー・ツアー」(別冊花とゆめ秋の号掲載)

1991年
・「ダブル」(別冊花とゆめ春の号掲載)
・「舞台裏の魔術師」(別冊花とゆめ夏の号掲載)
・「ブランシェ」(別冊花とゆめ10月号掲載)
・「時間を止めた少年たち」(別冊花とゆめ秋の号掲載)
・「そのときティナは過去を見た」(別冊花とゆめ冬の号掲載)
・伯爵カインシリーズ「忘れられたジュリエット」(別冊花とゆめ12月号掲載)、シリーズ開始

1992年
・伯爵カインシリーズ「烙印のビビ」(別冊花とゆめ4月号掲載)
・螺子シリーズ「螺子 ACT.Ⅰ」(別冊花とゆめ4月号掲載)、シリース開始
・伯爵カインシリーズ「吊られた男」(別冊花とゆめ6月号掲載)
・伯爵カインシリーズ「クレオ・ドレイファスの死」(単行本「忘れられたジュリエット」収録 描きおろし)
・初の単行本「忘れられたジュリエット」(7月25日発行 収録作「忘れられたジュリエット」、「烙印のビビ」、 「時間を止めた少年たち」、「ダブル」、「クレオ・ドレイファスの死」)
・初の連載(前後編)「残酷な童話たち」(花とゆめ17~18号掲載)
・伯爵カインシリーズ「少年の孵化する音」(別冊花とゆめ10月号掲載)
・「ストーンヘンジ」(花とゆめ22号掲載)

1993年
・「砂礫王国」(花とゆめ1~4号掲載)
・単行本「残酷な童話たち」(1月25日発行 収録作「残酷な童話たち」、「そのときティナは過去を見た」、「舞台裏の魔術師」、「ブランシェ」)
・伯爵カインシリーズ「誰がこまどり殺したの?」(花とゆめ8号掲載)
・伯爵カインシリーズ「切り刻まれ食べられたミス・プティングの悲劇」(花とゆめ10号掲載)
・単行本「砂礫王国」(5月25日発行 収録作「砂礫王国」、「ストーンヘンジ」)
・螺子シリーズ「螺子 ACT.Ⅱ」(別冊花とゆめ8月号掲載)
・伯爵カインシリーズ「捻れた童話」(花とゆめ17号ふろく)
・伯爵カインシリーズ「カフカ -Kafka-」(花とゆめ18~22号掲載)
・単行本「少年の孵化する音」(10月23日発行 収録作「吊られた男」、「少年の孵化する音」、「誰がこまどり殺したの?」、「切り刻まれ食べられたミス・プティングの悲劇」、「捻れた童話」)

1994年
・単行本「カフカ -Kafka-」(2月25日発行 収録作「カフカ-kafka-」、「夏服のエリー」)
・伯爵カインシリーズ「赤い羊の刻印」(花とゆめ1~5、7~12号掲載)
・初の長期連載「天使禁猟区」(花とゆめ15号連載開始 2000年の22号まで連載)
・単行本「赤い羊の刻印」第1巻(6月25日発行)
・伯爵カインシリーズ「鏡の中のエリザベス」(花とゆめ17号掲載)
・単行本「赤い羊の刻印」第2巻(10月25日 収録作「赤い羊の刻印」、「鏡の中のエリザベス」)

1995年
・単行本「天使禁猟区」第1巻(2月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第2巻(5月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第3巻(8月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第4巻(12月25日発行)

1996年
・単行本「天使禁猟区」第5巻(4月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第6巻(8月25日発行)
・単行本「戒音」(10月25日発行 収録作「戒音」、「マジカル・ミステリー・ツアー」、「時計じかけのオレンジ爆弾」、「TOKYO TOP」)

1997年
・単行本「天使禁猟区」第7巻(1月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第8巻(4月25日発行)
・初の画集「ANGEL CAGE」(7月30日発行)
・単行本「天使禁猟区」第9巻(9月25日発行)

1998年
・単行本「天使禁猟区」第10巻(1月25日発行)
・単行本「少年残像」(3月25日発行 収録作「少年残像」、「デビル・インサイド」、「WHEN A HEART BEATS」)
・単行本「天使禁猟区」第11巻(5月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第12巻(9月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第13巻(12月25日発行)

1999年
・「ルードヴィッヒ革命 白雪姫」(メロディ1月号掲載)、シリーズ開始
・単行本「天使禁猟区」第14巻(4月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第15巻(8月25日発行)
・「ルードヴィッヒ革命 赤頭巾」(花とゆめSTEP増刊12月1日号掲載)

2000年
・単行本「天使禁猟区」第16巻(1月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第17巻(4月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第18巻(6月25日発行)
・単行本「天使禁猟区」第19巻(10月25日発行)
・「天使禁猟区」連載終了(花とゆめ22号)

2001年
・単行本「天使禁猟区」20巻(2月25日発行)
・「ルードヴィッヒ革命 荊姫」(花とゆめ4号掲載)
・螺子シリーズ「螺子 ACT.Ⅲ」(花とゆめ7~8号掲載)
・長期連載 伯爵カインシリーズ「ゴッドチャイルド」(花とゆめ11号連載開始 2003年の21号まで連載)
・単行本「螺子」(6月25日発行)
・単行本「ゴッドチャイルド」第1巻(11月25日発行)

2002年
・単行本「ゴッドチャイルド」第2巻(3月25日発行)
・単行本「ゴッドチャイルド」第3巻(6月25日発行)
・単行本「ゴッドチャイルド」第4巻(10月25日発行)

2003年
・単行本「ゴッドチャイルド」第5巻(2月25日発行)
・単行本「ゴッドチャイルド」第6巻(6月25日発行)
・単行本「ゴッドチャイルド」第7巻(10月25日発行)
・伯爵カインシリーズ「ゴッドチャイルド」連載終了(花とゆめ21号)

2004年
・単行本「ゴッドチャイルド」第8巻(1月25日発行)
・「ルードヴィッヒ革命 青髭」(花とゆめ3号掲載)
・単行本「ルードヴィッヒ革命」(6月25日発行)
・単行本「夜型愛人専門店」
・「PSYCHO NOCKER」(花とゆめ21号~22号掲載)

2005年
・連載「妖精標本」(花とゆめ6号連載開始 2006年の7号まで連載)
・「妖精標本」第1巻(10月25日発行)

2006年
・「妖精標本」第2巻(2月25日発行)
・「妖精標本」連載終了(花とゆめ7号)
・「妖精標本」第3巻(7月25日発行 収録作「妖精標本」、「PSYCHO NOCKER」)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。