スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大天使(エレメンツ)

■ミカエル Michael
四大元素・炎の守護天使。
名の意味は「神の如き者」。
能天使長。

■ラファエル Raphael
四大元素・風の守護天使。
セフィロトの木の守護者。
癒しを行う輝ける者。
力天使長。

■ガブリエル Gabriel
四大元素・水の守護天使。
受胎告知で有名な天使。
シンボルは白百合。
智天使長。

■ウリエル Uriel
四大元素・地の守護天使。
名の意味は「神の焔」。
地獄門処刑人。
スポンサーサイト

黄道十二宮天使

■白羊宮 アリエス
 マラヒダエル Malahidael

■金牛宮 タウルス
 アスモデル Asmodel

■双子宮 ジェミニ
 アムビエル Ambiel

■巨蟹宮 キャンサー
 マヌエル Manuel

■獅子宮 レオ
 ベルキエル Verchiel

■処女宮 ヴァーゴ
 ハマリエル Hamaliel

■天秤宮 ライブラ
 ズリエル Zuriel

■天蠍宮 スコーピオ
 バルキエル Barchiel

■人馬宮 サジタウルス
 アドバキエル Advachiel

■磨羯宮 カプリコ
 ハマエル Hamael

■宝瓶宮 アクエリアス
 カンビエル Canbiel

■双魚宮 パイシズ
 バルキエル Barchiel

その名は天使---

聞こえますか?
私の声が…

今まさに私は
創世神を飲み込んだ
その時です

けれどそれも
長くはもたないのは
わかっている…

だからここに
私の最後のメッセージを
留めようと思います

答え等は
初めから
ないのかも
しれません

わからないから
見えない真実に
脅えて 人はソレを
見失う

この世に真の善悪や
境界線はなく

天国も地獄も
ないのだと

それは貴方達が
自らで答えを出し
これからも悩み迷いながらも
見付けていくべきもの


私が出来る事は唯一つ
貴方達に悲しい事がない様に
祈り続ける事だけ

心のままに
会いたい人に会って下さい
真実に気付いて下さい
幸せでいて下さい

どうか愛されて生まれてきた事を
忘れないでください

またいつか会いましょう
いつかどこかで時の巡る
空間で…

いつかきっと…


時がゆっくりと
動き出し

あたり前の
日常を刻み
初めても

忘れないで
いてほしい

目に見えない
犠牲の上に
生きていく
悲しみを

私の祈りは
結晶となり
砕け

舞い落ちる
だろう

幾千もの
思いの破片となって…

貴方を
抱きしめていたい

懐かしい歌を
口ずさみながら

私の手はもう

貴方を抱く事は
出来ないけれど

どうか祈りは届いてほしい

不完全な子供達よ…

不完全な模造太陽は

貴方達を

今も愛し続けているんだと

愛し子達の
幸を

狂わんばかりに
願い続ける

永遠に変わらぬ
祈りを送る者達よ

天を翔る
有翼亜種…
愛を運ぶ幸福の
翼を掲げよ

いつか巡り会う刹那(しゅんかん)

これが最後ではないと

確信にも似た予感がする

確かに魅かれ合った事を

運命の名の下に集いし愛しい者達よ

神でもなく
人でもない

めくるめく様な
愛に包まれて
生まれた者達よ

その名は天使(エンジェル)---

聞こえますか私の声なき声が…
愛しい貴女達を抱いてあげる腕もないけれど

この翼が貴女の傷を少しでも癒してあげられる様に

ああ どうか

私の祈りに気づいて欲しい 届いてほしい

愛されて生まれて来た
者の名前を…

三聖頌

聖なるかな

聖なるかな 聖なるかな

全能である創造主よ

かつて
存在し

今も存在し

やがて降臨せしめる
お方よ

不完全な模造太陽

不完全な太陽の下
不完全な渇望を抱え

アスファルトの箱庭の中
自己を否定し続ける
模造生物の様な貴方を想い

私の心は張り裂けんばかりに
肥大し…意識は歪曲して

やがてその結晶は砕け
残響し…舞い落ちるだろう

幾千もの…思いの破片となって…

貴方を抱きしめたい
懐かしい歌を口ずさみながら

いつまでも いつまでも
貴方をが眠りにつくまで
撫でていたい

私の手はもう貴方を
抱くことは出来ないけれど
どうか祈りは届いて欲しい

不完全な模造太陽は
不完全な子供達を
今も愛し続けているんだと

終日伝説(ラグナロク)

子羊が封印を解くと
大地震が起こり

太陽は暗く
月は血の色に
染まりて

地上すべての造形物は
その形を変え 山も島も
隆起して

天使がラッパを吹くと
太陽と月 星々が暗くなり
地上に落下した凶星は
血の淵より破壊者を
呼び出す鍵となった


「封印を解かれし
大地は終末への最後の
審判を迎えるだろう」

「第三の天使がラッパを
吹くと松明の如き巨大な
流星が川に落ちて
地上の水の3分の1が
汚れ地上の生物を
殺すだろう」

しんじつ

ほんとはセヴィーがやさしくわらう
きれいなひとだってこと

ぼくを
すきでいてくれたこと

しってたんだ

おとうと(サンダルフォン)

ぼくをきらいながらも

こころでよんでいたことも


おうかんやおおきなイスよりも

あのてのあたたかさだけが しんじつだったんです

かみさま

混沌の覇王

太古の悪霊と怨念を背後に
意思もなく ただ蠢き死臭を漂わせ

ただそこにある物を飲み込み
屍の山を踏みしだき 新たな血を
求め ただ永遠に侵食を続ける

まるで
総べての物を反射する
ガラス玉の様な

それでいて
どこまでも
吸い込まれそうな
空虚な瞳

生有る者の瞳ではない
無機質な輝き

これが永遠を生きる者の
虚無なる瞳なのだと

恐怖とあらゆる闇の支配を一身に負う
混沌の覇王

光と闇の相関図

はじめに
(ことば)があり

神は
言われた

「光あれ」と

そうして
光が生まれた

されど
闇の魂が言う
「光去ね」と

世界は一瞬にして闇に包まれる
それがこの世の初めにありき物

光と闇の相関図---

真っ白の世界

ああ

ここだったんだ

私の探していた
ただ 羽根だけが舞い散る

白い 白い 真っ白の世界は…

匣の底の真っ黒な希望

匣の底の真っ黒な希望
それは封印されし最後の
秘密-----

人々は まだ見ぬ
未来を夢見ると
その後に落ちた絶望が
より深く堪えがたき物と
なるから------

異端

罪深い輩の中にたった一人
清い羊がいたら

そいつこそが異端なんだ

呪う様に愛してあげる

君は逃げる

僕は追う

捕まえる---

逃げないで
愛しい貴女

呪う様に

愛してあげる

ずっと

ずっと

この体中の目で
見詰めていて
あげるから

---ハレルヤ---

それは秘密の匣を開けたパンドラの

無知と
   
傲慢への

匣の底の
真っ黒い色の
希望------

白い世界

無垢なるメタトロン様  私はもう歌えない

あの頃の様に真っ白な心で天を称える事も出来ない

あの頃の声はもう失われてしまった

歌を歌えない籠の鳥は
羽根をむしられ追放されるだけ

白い世界

歪みもなく一点の曇りもない

ただ真っ白な世界

サンダルフォン

その生き物の形は

(おご)れる炭の炎の如く松明の如し

此彼(ここかしこ)に行き雷光(いなびかり)いず畏懼(おそろし)かりしその面 燦然と無数の遍く目あり

その黄金色の玉の如しその生物に手足はなく 6枚の輝ける羽を頭部より生やし

ああ災いだ 災いだ
胎動

天地大動

第七の封印が開かれ  天は沈黙に包まれ
やがて天使が 祭壇の炎を地上に投げつける

血の混じった雹と火が降り注ぎ 大地は割れ 海は血となる
「アアワザワイダ ワザワイダ コノダイチニ スマウモノ」


我が魔王

私は懇願致しませぬ

神よ

ああ爾よ 至上智にして至上美の天使よ

運命に

裏切られ

我が長きに
渡る悲惨を

憐み給へ

喰ワナケレバ…

喰ワナケレバ…

コノ苦シミカラ逃レルタメニ…喰イタイ…肉ガ…脳ガ…

肉ダ…目ノ前ニ子供ノ血ノ匂イガスル…今マデノヨウナ固イ筋ヤ苦イ臓物デハナイ

コレハオイシソウ…喰ベタラ痛ミガ消エルカモシレナイ

喰ベタラ…

総ての者に…

総ての者に…

生きとし生ける者達に残す言葉も

何もない

私は逃げる

やっと終れる

ただ
願わくば
若き救世使と

顔も知らぬあの子…
ラジエルの血の行末が

明るい未来へと
続いて欲しいと---

---アダム・カダモンよ
聞き届け給え---

ラプンツェル

ラプンツェル
  ラプンツェル

愛しい人よ

堂かその長い髪を
下まで垂らしておくれ

なぜならこの塔には
入り口もなければ出口もない

この塔に入れるのは
魔力を持ったあの老女のみ

さあ だからラプンツェル
私は貴女のその髪を伝って
そこへ参りましょう

私達二人だけの魔法の時を
毎夜紡いでいきましょう

はねおとし

ドクン… ドクン ドクン…

はねおとし[羽(羽根)落とし]
至高天において最も残酷と
される極刑。天使の象徴である
羽を切られる行為は最高の
苦痛と屈辱を与える。

------腐臭だ

---肉の焼ける臭いと---この世ならぬ者の如き呻き声

誇り高き生き物とされる者達の断末魔がかくも踏みつけられた虫ケラの様だとは

それでも私に見えるのは闇ばかりだ

ここが本当に楽園(エデン)か?

月の光

月の光は好き

誰の上にも同じ様に優しく音もなく降り注ぎ

まるで愛に包まれている様な心地になれるの

月の光はワタシの上にも
同じ様に優しく照らしてくれる

だから 好き

神はおっしゃる

「天使」とさえ呼ばれない
天使達がいる

ただ天使として
欠けた部分のある
体をしているというだけで

ただ

赤い目を
しているという
だけで

天使と天使が
愛し合った子だと
いうだけで

ただ この世に
生を受けた
だけで

これで世界が
完璧になったと
(あなた)はおっしゃる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。